風邪と出勤

女性の仕事を持つ人々が風邪を引いた場合、それらの人々が会社勤めであったら出勤するべきでしょうか。それとも休暇をとって体を休めるべきでしょうか。これは程度問題にもよりますし、また状況にもよります。高熱で寝込んでいるような状態では満足な仕事を行なうことは難しいので休んだほうが賢明でしょう。クライアントとのミーティングがセットされているような時は相手のスケジュールも考慮して出席した方が良いかも知れません。
しばしば風邪ごときで会社を休むなと言う鬼のような管理職の言葉を耳にします。しかし風邪は菌を撒き散らし周囲の人に移してしまいます。そして職場の生産性を著しく下げてしまいます。風邪を引いたら会社に出て来るなと言うのがふさわしい答えだと筆者は思います。
微熱程度の風邪であれば出勤するのが当然だと思います。しかし、咳をともなった風邪、高熱が出ている場合はどのような頑張り屋さんでも出勤は止めた方が皆のため、そして自身のためにもなります。日頃忙しいのですから思い切って心身に休養を与え、回復してからバリバリ働いて休んだ時の分を取り戻した方が効率的です。
冬は風邪、インフルエンザの流行があるので仕事がスケジュール通り進まないことがあるかと思います。普段の体調管理、手洗い、うがいの習慣を徹底させることが無事に冬を乗り切る基本だと言えます。女性の仕事も医療機関など風邪に感染しやすいものがあります。医療機関では風邪を引いたら出勤停止です。大事にならないうちに芽を摘んで健康な状態を維持するよう心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です